HOME>オススメ情報>パネルと蓄電池にパワーコンディショナーが必要となる

南側から太陽光を受けて発電

ソーラーパネル

宮城で太陽光発電を行うためには、住宅の屋根や広い庭などに、常にパネルを開いておく必要があります。そして、日中に太陽光がパネルに当たることで作られた電気を、蓄電池に溜めておきます。生活に使用する電気をその蓄電池から優先的に使用することで、電力会社から購入する電気の量を減らせる仕組みです。その太陽光発電はもちろんパネルに太陽光がしっかり当たることが大切で、南に向けておくことが望ましいです。したがって、南側に高い建物など、太陽光を遮るものがないことが条件となります。また、多くの太陽光発電はただパネルと蓄電池を用意するだけでは、家庭で使用できる電気を作れないことが多いです。その場合は、電力を変換させるパワーコンディショナーを設置する必要があります。

電力会社から購入する電力量を減らす

太陽光発電の家

宮城の住宅で行う太陽光発電は、まず初期費用を支払ってパネルや蓄電池などを設置します。そして、生活に作った電力を使用して、電力会社に支払う電気料金を減らす状況を維持することで、最終的に初期費用を回収する形です。また、電力会社から電気を購入する場合に発生する再エネ賦課金も、太陽光発電では当然必要ありません。初期費用を回収できた後も特に問題なく太陽光発電を続けられるのであれば、収支がプラスになっていきます。

電力会社に売ることもできる

ソーラーパネル

宮城で行う太陽光発電は、作った電気を蓄電池に溜めておくのが基本です。そのため、もし停電になって電力会社からの供給が止まったとしても、ある程度の電力が蓄電池に溜まっていれば、大きな問題にはなりにくいです。また、蓄電池の容量を超える電気を作った場合、それを電力会社に売ることも可能です。最初から売電することを想定している太陽光発電も数多くあり、その収入を初期費用を回収するために充てられるでしょう。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5

広告募集中